豊富な経験―プロフィール

1971年8月18日、東京都東村山市生まれ
1990年に競馬好きの父の勧めで騎手に
斉藤義美厩舎よりデビューし、その後、松元省一厩舎、大沢真厩舎、松田国英厩舎に所属
騎手成績は中央競馬3186戦218勝(うち重賞2勝、障害戦222戦26勝)、地方競馬35戦5勝
2007年に騎手を引退し、角居勝彦厩舎で調教助手に
2008年、調教師免許取得

【騎手時代の主な勝ち鞍】
1994年中京障害ステークス-G3:キンセンアラシ
2000年武蔵野ステークス-G3:サンフォードシチー

【調教に携わった名馬達】
フラワーパーク(高松宮記念、スプリンターズステークス)
クロフネ(NHKマイルカップ、ジャパンカップダート)
タニノギムレット(日本ダービー)
キングカメハメハ(日本ダービー、NHKマイルカップ)
ダイワエルシエーロ(オークス)
デルタブルース(菊花賞、メルボルンカップ-豪G1)
ウオッカ(阪神ジュべナイルフィリーズ、日本ダービー、他)
トールポピー(阪神ジュべナイルフィリーズ、オークス)
その他重賞勝ち馬多数

国内での、騎手、調教助手、持ち乗り助手の経験に加え、1996年にはJRA海外研修でイギリス、フランス、アイルランドへ(アイルランドでは実際にレースに2回騎乗し結果は5着と8着)

2006年、インヴァソールInvasorなどで知られるキアラン・マクラクリンKiaran McLaughlin厩舎(ニューヨーク地区ベルモント競馬場)で研修(その後'08年にも再度研修)

2008年、オーストラリアのジョン・オーシェーJohn O'Shea厩舎で研修

2008年、角居厩舎・ウオッカのドバイ遠征(ドバイ・デューティ・フリーDubai Duty Free、4着)に同行、香港アンソニー・クルーズAnthony Cruz厩舎(サイレントウィットネスSilent Witnessなどの活躍馬を輩出)を見学

2008年、アメリカ、ボルチモア地区のジョナサン・シェパードJonathan Shepard厩舎(障害専門、'08年障害リーディング)にて研修

国内外で多くのホースマンにお世話になりました。
そこで得た貴重な経験を厩舎経営に活かしていきたいと考えています。